ギャンブル 自己破産

ギャンブルで自己破産できるの?

ギャンブルで作った借金の場合、自己破産することは原則出来ません。

 

しかし場合によって認められるケースも実際あるので専門家へ相談してみましょう。

 

自己破産して借金をゼロにするためには裁判所から免責を認められる必要があります。

 

免責を得る可能性を上げるためには経験豊富な債務整理専門の弁護士を選びましょう。

 

経験豊富な弁護士なら免責に対しての見通しも教えてくれるでしょう。

 

新人弁護士や他の分野の法律問題を得意とする弁護士は選んではいけません。

 

 

自己破産とは

 

自己破産は自力で返済不可能な程の多額の借金を抱えた人のために、

 

国が用意した救済制度です。自己破産するとデメリットはありますが、

 

借金を帳消しにできる大きなメリットが有ります。

 

一番のデメリットとしては保証人に債権者から請求が行くということです。

 

例えば連帯保証人が友人や家族になっている場合は借金の請求は家族や友人に及んでしまうということです。

 

それなので自己破産手続きをする前にしっかりそのことを考慮に入れて置かなければなりません。

 

それから現在持っている財産は手放す必要があります。例えば住宅や家などです。

 

そして官報に名前が掲載されます。しかし一般の人はまず見ることは無いので、大きなデメリットとは言えません。

 

現在、弁護士・司法書士・税理士などの資格業務や警備員、保険外交員、証券外交員といった職業に就いている場合、

 

資格を失うことになるので仕事を続けることが出来なくなります。

 

それから金融機関のブラックリストにものるため、7年間一切の借り入れも出来ませんし、クレジットカードも使えません。

↓こちらから無料相談シミュレーターです。簡単な質問に応えるだけでOK

>>街角法律相談所無料シミュレーターで無料相談してみる!<<